プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シミランショートクルーズ 4月26日~28日

シミラン ショートクルーズ 18


お客様は超リピーターファイト安全停止AさんTさん。

今回は、サウスサイアム・ソンブーン3号に乗ってシミラン&ボン島をダイブクルーズしてきました。
風も弱く大きな船でもあるため快適な船上生活を送ることができました。

まず、お土産のエビスビールを本当にありがとうございました!!船の上でのエビスビールはやっぱり美味しかった~。

今回の11ダイブは、Tさんが、11ダイブの中でゆっくりとアドバンスオープンウォーターコースを取るという事で、Aさんも一緒に復習です。

シミラン&ボン島の水中の方は、数日前に感じた濁りがなくなり透明度平均25m近くまで上がってきました。ほんと綺麗です。

初日は、シミランのNO.8とNO.9付近を潜る。

次の日はボン島からスタート。

一本目は、「コボンピナクル」でウルトラディープダイブでレオパードシャークと最近のシミランで、とても簡単に見られるインド洋型のアケボノハゼを見ました。切り立った岩にびっしりとつく、黄色いソフトコーラルの群生も、青い水とのコントラストで映え綺麗ですね。

2,3本目とマンタ登場率の高いボン島のウエストリッジを潜る。

シミラン ショートクルーズ タイ ダイビング アンダマン海


捕食とクリーニングのためにウエストリッジ付近に集まるマンタ君たちは4m平均の大きなものばかり。

ウエストリッジでは、どこから来るかわからないため、中層で浮いて待ったり、多種多様にいるアンダマン海のお魚を見ながら待つのが普通です。

追いかけたり、触らなければだいたいグルグルと周ってくれます。

プーケット 体験ダイビング


特にマンタの上を通っても何も言われません。ただし、彼らはだいたいの個体が泡を嫌がる傾向にあるので、たまに頭の上すれすれに来るときなどは息を止めて頑張りましょう~ファイトで~す。

そして、本日の3本目・・。

潜ったス~ット潜行し、サンゴの上をゆっくり飛んでいると

バンカー音と共に

出ました出ました!4m強のマンタです。

シミラン ショートクルーズ タイ ダイビング アンダマン海


浅場のサンゴの上でホンソメワケベラにクリーニングしてもらうためにホバリングしています。ダイバーが近づくとゆっくりと移動を開始、グルグルと同じ場所を周りながらゆっくりと去っていきました。

ウエストリッジ付近では、どこでも見られる可能性があるため、

今回もしばらくするとまた登場。僕達の頭すれすれ位まで至近距離に遊びに来てくれました。

しばらくグルグルした後にまたゆっくり泳いで、青い海に少しずつ影が消えていきました。

今回やったシミランクルーズ中のアドバンスコースは、通常5本で取るコースを11ダイブの中でゆっくりやったのでかなり中身の濃いコースとなりました。

クルーズ中でのアドバンスコース取得、かなりオススメしておきます。

見られた生物:マンタ、レオパードシャーク、カメ、ナポレオン、アケボノハゼいっぱい(ハタタテハゼのほうが少ない)、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、マルチバーパイプフィッシュ、アンダマンダムゼル、ラブルドワーフゴビー、フォークテールドワーフゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、ミヤコテングハギ、サザナミトサカハギ、パウダーブルーサージオンフィッシュ、レッドサドルバックアネモネフィッシュ(トマト)、カクレクマノミ、スカンクアネモネフィッシュ、デバスズメダイ・カブラヤスズメダイの数千匹の大群、ヤマブキスズメダイの群れなどなど

担当:MAKOTO
透明度:25m前後
水温:28~30℃
波:0~1.0m
船の揺れ具合:★☆☆☆☆ 
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

シミランショートクルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラストクルーズ 4月30日~5月2日 | HOME | そろそろ雨季突入 4月22日~25日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。