プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マンタは最高 4月17日~21日

早いものでシミランクルーズのシーズンも終了に近づいています。半年だけのシミランはあっという間。ラストスパートでがんばってガイドしないと・・・・。

今回は7名だけのゲスト。シミランを知り尽くしている日本人ゲストJさんと仲良しカップル。恋人同士のように仲の良いカナダ人の兄妹、ドイツ人ゲスト、イギリス人女性。そして、カメラマンのマコト君。今回はガイドのお仕事でなくてお魚データ収集の為にカメラを2台持って、まるでプロカメラマン!?

シミラン クルーズ コクテンフグ


ボン島からスタート。またしてもマンタ登場せず・・・。しかし透明度はよく気持ちの良いスタートでした。次のタチャイ島は流れがなくまったり潜れました。後半やや流れが出だしたけれども、同時にフュージリアーの群れもどんどん流れ込んできて群れ群れの中のダイビング。もちろんトラフザメとも会え、そしてナポレオンの雄&雌も!

シミラン ショートクルーズ 18


2日目のリチリューロック。やや濁った冷たい水のサーモクラインがところどころに流れ込んできたものの、全体的には透明度○。そしてここでの2本目、小物に気を取られていた時、ふっと見上げた瞬間黒い物体の影が・・・マンタだ!ゲストもマンタマンタに夢中。そして忘れられたシーホース。やっぱり大きいものには勝てない小物達・・・。しかし大きかった!今シーズン、リチリューに出るマンタはいつも特大で迫力満点!

ジンベイザメ シミランダイビングクルーズ アケボノハゼ


シミランにやってきて、ノースポイントからスタート。トラフザメにナポレオンにカメと白人さん達大好き大きい物も全部会えて一安心。

4本目は久しぶりにビーコンリーフでのサンセットダイブ。沈潜を見て、チョウチョウオとスズメダイが舞うリーフはまさに癒し系。

アンダマンダイバーズに来て白人さんのゲストをガイドする事が多くなりました。しかし、日本人スタイルとして水中スレートに魚の名前を書くというのは白人さんにとってかなり珍しがれそして楽しんでくれる。今回のカナダ人は、魚の名前どころか、ベラとコショウダイとフエダイの違いも分からないと言っていたのに、非常に魚に興味を持ち出し、目に入った魚を指差してスレートに名前を書けと迫られる。しかも今までの白人さんが絶対興味を持たないクギベラやギチベラ、レモンチョウチョウオ、ヒメフウライチョウチョウオを指差しされた時にはさすがに英名なんだっけ??スペルは??と非常に困りました。英名も全部勉強しなおさないと・・・。

シミラン ショートクルーズ 10


最終日はエレファントヘッドロックとイーストオブエデン。ダイナミックNo.1&癒し系N0.1のポイントでクルーズを締めくくりました。ものすごい迫力壮大な風景と天国のような園の両ポイント。ゲストも両ポイントの風景だけに酔いしれたと言ってくれました。シミランクルーズは全てが楽園だねと最後に言ってくれた今回のゲスト。今回も良いクルーズができたな~と幸せ実感の最終日でした。


担当:ETSU
透明度:20m~25m
水温:29℃
船の揺れ具合:★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そろそろ雨季突入 4月22日~25日 | HOME | ボン島満喫クルーズ 4月7日~11日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。