プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リチェリューロックでマンタ 3月23日~27日

ダラニー号を使ってのシミラン&リチェリューロッククルーズに行ってきました。

リピーターさんのRさん、Sさん、Aさんが来られました!!そして、Yさんと日本人4人とアメリカ人、ドイツ人、スウェーデン人、カナダ人などなどが乗っていたクルーズでした。

初日は、シミラン諸島を2ダイブ北上してボン島を潜って、タチャイ島で寝る。透明度も25mくらいでまずまずですね。

次の日はリチェリューロックです。潜行するとボーンと水底が見える・・場所によってはスコーンと30mは余裕に超える透明度。

1本目は、小物狙い。

岩をのぞくとドンドンでてくる小物達・・ミナミハコフグの幼魚は腐るほどいるわけで、タテジマキンチャクダイの幼魚、フリソデエビ、アカシマシラヒゲエビ、ニシキフウライウオ、タイガーテールシーホース(オオウミウマの仲間)、ノコギリヨウジウオのインド洋型クリーナーパイプフィッシュ、ハナヒゲウツボ幼魚など盛りだくさんでした。

クマノミはイソギンチャク畑がいたるところにあるため、セジロクマノミのインド洋型「スカンクアネモネフィッシュ」、「カクレクマノミ」を始め「クマノミ」、「サドルバックアネモネフィッシュ(トマト)」などがメッチャいっぱいいる。

2、3本目は群れ系ダイビングで行こうと思って潜行するととにかくいつも凄い魚影が更に凄い事になっていて中層も岩側もグッチャリ魚の群れが見られました。

岩側には、いつもいる数百匹のキンセンフエダイの大群がいたるところにいました。群れの密度が濃すぎて遠くが見えません!!そばには、88匹のホソフエダイの群れもいますね。色が地味なグリーンクロミスも数千匹と群れていると迫力があります。目がとっても涙目でかわいいですね。

そして中層には、グルクマや、軽く数千匹はいるだろうグルクン(タカサゴ・フュージリアー)の群れがいます。群れに圧倒されているとでっかいロウニンアジやカマスサワラなどがいきなりドーンと登場して群れに突っ込んで行きます。

でっかいブラックフィンバラクーダの群れも見られました。ギンガメアジの大群は何故か最近いませんね・・。

そんなリチェリューロックの魚の群れに見惚れていた。

そして・・振り返ると

ド~ンとマンタ君の登場です。20分間くらい僕達の周りを周ってくれました。

さすがリチェリューロック、小物、大物、群れものなんでもOKですね!

後今期は何回いけるかなリチェリューロックへ♪

レオパードシャーク、マンタ4m超、ブラックフィンバラクーダ群れ、ナポレオン、グルクン(フュージリアー・タカサゴ)数万匹、ロウニンアジ、カスミアジ、イケカツオ、ニジョウサバ、カマスサワラ、フリソデエビ、ミナミハコフグ(幼魚・成魚)、クロハコフグ、ニシキフウライウオ、タイガーテールシーホース(タツノオトシゴの仲間)、ツバメウオ大群、アンダマンダムゼル群れ、グリーンクロミス群れ、数万匹のデバ・アオバスズメダイ、ネッタイスズメダイ、マラヤンクロミス、インディアンハーフアンドハーフクロミス、ローランディーダムワーゼル、トゲチョウチョウウオ、アンダマンバタフライ、コラーレバタフライなどなど

担当:MAKOTO
透明度:20~25m
水温:29℃
波:0~1.0m
船の揺れ具合:★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ダラニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミャンマークルーズ 3月24日~30日 | HOME | 大人の海 3月13日~17日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。