プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大人の海 3月13日~17日

シミラン ショートクルーズ タイ ダイビング アンダマン海


DARANEE号で4daysクルーズ。前回クルーズより連続乗船のアメリカ人P君とスウェーデン人ご夫婦、あとは全員日本人総勢10名のゲスト。

ボン島からスタート。まだまだマンタの影が見当たらないボン島。そしてタチャイ島へ。流れのない日程ですが相変わらずビュンビュン流れてくれました・・・。

翌日リチリューロックで3ダイブ。透明度はずっと良いまま。流れも殆どなくじっくりと美しい壮大なリチリューの根と群れる魚たちを堪能しました。
4本目のサンセットダイブはタチャイ島へ戻りました。前日の違って流れ無し。久しぶりにタチャイの流れと戦わなくても良いダイビングは快適!!多少流れてても魚の群れ群れの面白いこのポイントですが、最近は群れが少なくさっぱりしていた。しかし!この日は何かが違う。流れ全くなし、後半緩やかに流れ出すと・・・これこそタチャイ!フュージリアーの群れが流れ込んできた。それも4種類のフュージリアーが四方から川が流れるように現れ、根の上で合流。あっという間に群れに囲まれました。大物が出るんじゃないかとドキドキする気配も・・・。タチャイはホントに潜る度に違う顔を見せてくれるから面白い。

3日目4日目はシミラン諸島。透明度は全体に良いのですが、時折やってくる冷たい視界真っ白にするサーモクラインを避けながらシミランの地形ダイビングを楽しみました。ジンベイやマンタといった大物と出会えなかった分、トラフザメの優雅な泳ぐシーンやでかいナポレオンと出会いほっと一安心。タートルロックでは不思議に切り立った岩岩を楽しむために完全に地形を楽しむダイビングを。ウェスト&イーストオブエデンでは美しいサンゴを背景にチョウチョウオやスズメダイをはじめ華やかに舞う魚達やマクロをじっくり見てのダイビング

私のチームはいつも前回クルーズから続くハイテンションのP君、国籍問わず笑いの壷をえぐりまくるKちゃん、ダイブマスタートレーニング中の頼りになるMちゃん、水中ではロープで繋がりながら潜る微笑ましい仲良し夫婦のお陰で毎回水中では笑いや遊びを交えた楽しいダイビングでした!

全体に流れのない海。穏やかでまったりのダイビング。ポイントによっては魚が薄い時もあればタチャイの豪快な群れもあり・・・。「今回は大人の海だね~!」とガイドのヒロさんの表現がとっても気に入ってしまい今回のタイトルにしました。「大人の海」か~。なんてうまい表現なんだろう!ホント今回のクルーズにぴったり!大人の海ってどんな海?気になったら是非シミランクルーズへ体験しに来てください!

担当:ETSU
透明度:20~35m
水温:28~29℃
船の揺れ具合:★☆☆☆☆



シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ダラニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リチェリューロックでマンタ 3月23日~27日 | HOME | 出るか?大潮狙いでジンベイ探し・・・3月8日~12日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。