プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シミランショートクルーズ 4月26日~28日

シミラン ショートクルーズ 18


お客様は超リピーターファイト安全停止AさんTさん。

今回は、サウスサイアム・ソンブーン3号に乗ってシミラン&ボン島をダイブクルーズしてきました。
風も弱く大きな船でもあるため快適な船上生活を送ることができました。

まず、お土産のエビスビールを本当にありがとうございました!!船の上でのエビスビールはやっぱり美味しかった~。

今回の11ダイブは、Tさんが、11ダイブの中でゆっくりとアドバンスオープンウォーターコースを取るという事で、Aさんも一緒に復習です。

シミラン&ボン島の水中の方は、数日前に感じた濁りがなくなり透明度平均25m近くまで上がってきました。ほんと綺麗です。

初日は、シミランのNO.8とNO.9付近を潜る。

次の日はボン島からスタート。

一本目は、「コボンピナクル」でウルトラディープダイブでレオパードシャークと最近のシミランで、とても簡単に見られるインド洋型のアケボノハゼを見ました。切り立った岩にびっしりとつく、黄色いソフトコーラルの群生も、青い水とのコントラストで映え綺麗ですね。

2,3本目とマンタ登場率の高いボン島のウエストリッジを潜る。

シミラン ショートクルーズ タイ ダイビング アンダマン海


捕食とクリーニングのためにウエストリッジ付近に集まるマンタ君たちは4m平均の大きなものばかり。

ウエストリッジでは、どこから来るかわからないため、中層で浮いて待ったり、多種多様にいるアンダマン海のお魚を見ながら待つのが普通です。

追いかけたり、触らなければだいたいグルグルと周ってくれます。

プーケット 体験ダイビング


特にマンタの上を通っても何も言われません。ただし、彼らはだいたいの個体が泡を嫌がる傾向にあるので、たまに頭の上すれすれに来るときなどは息を止めて頑張りましょう~ファイトで~す。

そして、本日の3本目・・。

潜ったス~ット潜行し、サンゴの上をゆっくり飛んでいると

バンカー音と共に

出ました出ました!4m強のマンタです。

シミラン ショートクルーズ タイ ダイビング アンダマン海


浅場のサンゴの上でホンソメワケベラにクリーニングしてもらうためにホバリングしています。ダイバーが近づくとゆっくりと移動を開始、グルグルと同じ場所を周りながらゆっくりと去っていきました。

ウエストリッジ付近では、どこでも見られる可能性があるため、

今回もしばらくするとまた登場。僕達の頭すれすれ位まで至近距離に遊びに来てくれました。

しばらくグルグルした後にまたゆっくり泳いで、青い海に少しずつ影が消えていきました。

今回やったシミランクルーズ中のアドバンスコースは、通常5本で取るコースを11ダイブの中でゆっくりやったのでかなり中身の濃いコースとなりました。

クルーズ中でのアドバンスコース取得、かなりオススメしておきます。

見られた生物:マンタ、レオパードシャーク、カメ、ナポレオン、アケボノハゼいっぱい(ハタタテハゼのほうが少ない)、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、マルチバーパイプフィッシュ、アンダマンダムゼル、ラブルドワーフゴビー、フォークテールドワーフゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、ミヤコテングハギ、サザナミトサカハギ、パウダーブルーサージオンフィッシュ、レッドサドルバックアネモネフィッシュ(トマト)、カクレクマノミ、スカンクアネモネフィッシュ、デバスズメダイ・カブラヤスズメダイの数千匹の大群、ヤマブキスズメダイの群れなどなど

担当:MAKOTO
透明度:25m前後
水温:28~30℃
波:0~1.0m
船の揺れ具合:★☆☆☆☆ 
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

シミランショートクルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

快適2泊3日リチェリューロック 【サウスサイアム】 2月12日~14日

普段はダラニー号、パリニー号でのシミランクルーズが多いのですが、とっても久々にサウスサイアム号に乗って、シミラン&リチェリューロッククルーズに行って来ました。
朝はちょっとバタバタしますが、スピードボートで1時間30分でシミラン諸島へ到着、そして母船に乗り換えるとものすごい豪華シミランクルーズ船でちょっとビックリです。こんなボートでリチェリューロックまで行けるのでしたら最高ですよね。

phuket similan シミラン プーケット


さてさてシミラン諸島ですが、前回は透明度も25M以上あってシミランブルーな真っ青な海でした。そして今回は?「あれれ、シミラングリーンだぁ~」っとちょっとガッカリです。
しかしここはアンダマン海の腕の見せ所です。魚影の多さで勝負ですよね。群れ群れ群れっと魚群があっちからこっちからやって来ます!

翌日は透明度も回復して来て、ボン島ではゆっくりとリーフダイビングを楽しみます。
ここはマンタポイントで有名ですが、一面エダサンゴでとっても綺麗ですよ。そのリーフ上をゆっくりと流れに身を任せて泳ぐのは何とも言えないぐらい快適ですね。

phuket diving similan クルーズ ダイビング シミラン諸島 プーケット アンダマンダイバーズ andamadivers phuket similan シミラン プーケット


そしてリチェリューロックへ行きます。流れも止まり、ゆっくりとキンセンフエダイ、ホソフエダイ、アミメフエダイなどフエダイの仲間がごっちゃり居ます。そしてブラックフィンバラクーダー、ギンガメアジなどのダイバーに人気物達も群れているので嬉しいダイビングです。

phuket similan プーケット ダイビング シミラン phuket similan プーケット ダイビング シミラン


マクロもとっても豊富で、イエロー&ブラウンのシーホースやフリソデエビやニシキフライウオもいつも定位置で待っていてくれます。ジンベイ&マンタには会えませんでしたが、やっぱりリチェリューロックの魚影の濃さには驚く2ダイブでした。

そしてタチャイ島ではたくさんのクマザサハナムロ、イエローバックフィジラーなどが川の流れんようにやって来ます。見ているだけで癒されますねぇ~。
最終ダイブは久しぶりのシャークフィンリーフでアンダマン海名物トラフザメにもちゃんと会えて、楽しい2泊3日シミラン&リチェリューロッククルーズでした。
次回のシミランクルーズログでは「会いました!」っとジンベイ報告をしたいですね。


シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人



テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

シミランショートクルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2泊でリチェリューロックまで 【ソンブーン4】 2月5月~7日

日本人は中々お休みが長く取れませんよね。そんな方におすすめがシミランリチェリューロッククルーズ2泊3日ですね。初日はちょっと慌しいですが、母船に到着するととっても快適で豪華クルーズですよ。
朝ホテルにお迎えが6時半前後でそのままタプラム港へ向かいます。約1時間45分間の長い移動になり、そしてタムラム港に到着後次はスピードボートに乗りシミラン諸島まで1時間30分の移動になります。泣

phuket diving similan クルーズ ダイビング シミラン諸島 プーケット アンダマンダイバーズ andamadivers


久々にシミラン諸島までスピードボートで行きましたが、気持ち良かったですね。あの鏡のような水面を風を切って移動するのはやっぱり楽しいですね。絵文字名を入力してください
そしてシミラン諸島に到着して1ダイブ目です。今回はシミランブルーかな?っと思いきや「ふ~ん」っとまだ本来のシミラン諸島に戻っていません。エレファントヘッドロックではクマザハナムロの囲まれて気持ちの良いダイビングです。hs

シミラン諸島


エデンの東では極上癒しダイブで、キンギョハナダイ、インドアカネハナゴイなど見てるのでメチャクチャ癒されますね。ちょっと深くまでアケボノハゼを探しに行きますが、サーモクラインが入っていて寒~いです。
キンセンフエダイ、ヨスジフエダイなどもリーフ上に綺麗に群れています。あの黄色は水中世界では欠かせない色彩ですね。絵文字名を入力してください

phuket similan プーケット ダイビング シミラン


そしてボン島ではマンタ狙いで入りますが??あれれあんなに元気良く優雅に舞っていたマンタも今回は会えません!そしてリチェリューロックです。会えるかな?っと思いながらジンベイを狙いますが?こいつにも会えませんでした。まぁたまにはこんな事もあるなぁ~。
次回こそ!っと心に誓ったクルーズでした。ハッピー


シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

シミランショートクルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。