プーケット海中案内人の潜水塾がお届けするシミランクルーズ&プーケットのダイビング便り

プーケット発シミランのダイビングクルーズ、プーケット日帰りダイビング、ライセンス取得、体験ダイビング、アンダマン海情報満載のダイビングログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マンタは最高 4月17日~21日

早いものでシミランクルーズのシーズンも終了に近づいています。半年だけのシミランはあっという間。ラストスパートでがんばってガイドしないと・・・・。

今回は7名だけのゲスト。シミランを知り尽くしている日本人ゲストJさんと仲良しカップル。恋人同士のように仲の良いカナダ人の兄妹、ドイツ人ゲスト、イギリス人女性。そして、カメラマンのマコト君。今回はガイドのお仕事でなくてお魚データ収集の為にカメラを2台持って、まるでプロカメラマン!?

シミラン クルーズ コクテンフグ


ボン島からスタート。またしてもマンタ登場せず・・・。しかし透明度はよく気持ちの良いスタートでした。次のタチャイ島は流れがなくまったり潜れました。後半やや流れが出だしたけれども、同時にフュージリアーの群れもどんどん流れ込んできて群れ群れの中のダイビング。もちろんトラフザメとも会え、そしてナポレオンの雄&雌も!

シミラン ショートクルーズ 18


2日目のリチリューロック。やや濁った冷たい水のサーモクラインがところどころに流れ込んできたものの、全体的には透明度○。そしてここでの2本目、小物に気を取られていた時、ふっと見上げた瞬間黒い物体の影が・・・マンタだ!ゲストもマンタマンタに夢中。そして忘れられたシーホース。やっぱり大きいものには勝てない小物達・・・。しかし大きかった!今シーズン、リチリューに出るマンタはいつも特大で迫力満点!

ジンベイザメ シミランダイビングクルーズ アケボノハゼ


シミランにやってきて、ノースポイントからスタート。トラフザメにナポレオンにカメと白人さん達大好き大きい物も全部会えて一安心。

4本目は久しぶりにビーコンリーフでのサンセットダイブ。沈潜を見て、チョウチョウオとスズメダイが舞うリーフはまさに癒し系。

アンダマンダイバーズに来て白人さんのゲストをガイドする事が多くなりました。しかし、日本人スタイルとして水中スレートに魚の名前を書くというのは白人さんにとってかなり珍しがれそして楽しんでくれる。今回のカナダ人は、魚の名前どころか、ベラとコショウダイとフエダイの違いも分からないと言っていたのに、非常に魚に興味を持ち出し、目に入った魚を指差してスレートに名前を書けと迫られる。しかも今までの白人さんが絶対興味を持たないクギベラやギチベラ、レモンチョウチョウオ、ヒメフウライチョウチョウオを指差しされた時にはさすがに英名なんだっけ??スペルは??と非常に困りました。英名も全部勉強しなおさないと・・・。

シミラン ショートクルーズ 10


最終日はエレファントヘッドロックとイーストオブエデン。ダイナミックNo.1&癒し系N0.1のポイントでクルーズを締めくくりました。ものすごい迫力壮大な風景と天国のような園の両ポイント。ゲストも両ポイントの風景だけに酔いしれたと言ってくれました。シミランクルーズは全てが楽園だねと最後に言ってくれた今回のゲスト。今回も良いクルーズができたな~と幸せ実感の最終日でした。


担当:ETSU
透明度:20m~25m
水温:29℃
船の揺れ具合:★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ボン島満喫クルーズ 4月7日~11日

前回の満員御礼のクルーズが終了し、翌日出発のクルーズは10名だけのゲストで快適快適!
タイ人のAIちゃんとDARANE号クルーズ行ってきました。
今回はスウェーデン人が多く、フランス人、アメリカ人、バンコク在住の国籍不明で4ヶ国語を操る謎のD君、そして最終日に1泊2日でやってきた日本人ゲストのしおりちゃん。
10名だけか~。静かだな~ゆっくりできるな~・・・なんて思ったら大間違いのクルーズでした。ムードメーカーの国籍不明D君を筆頭に常に賑やか(うるさい?)船上。

水中は打って変わってとても静かにダイビングを楽しむゲスト達。ぴったりグループ固まってゆっくりウォッチング。

ボン島からスタート。最近マンタ出ないんだよね~。と思いながらも、ブリーフィングでマンタの見方、注意点を説明し潜ったところ・・・、4mくらいのマンタがフワッ~と登場。良かった、やっとボン島で会えたね!

流れもなく穏やかで透明度も良いタチャイ島。久々に北の根を目指す。すると出るわ出るわのフュージリアー。いったいどこからあふれ出すのやら。ビックリ箱をひっくり返したかのように、どこからともなくあふれ出す魚の数に酔いしれたダイビング

リチリューロックは透明度やや悪し。流れもありせっかくの美しい根の風景をゆっくり堪能することもできず。
それでも根の内側に集まったフエダイの群れが周りのダイバーを隠すように集まり生簀に飛び込んだ感じ。

3日目はシミランへ。初日からカメとサメを見たいというゲストに、シミラン1本目で絶対見せたあげる!と思わず約束。それらを90%見れるノースポイントへ。内心、たまにハズしてしまう事もあるので、内心ドキドキしながら潜行。・・・まずはブラックチップシャーク2匹にそして、レオパードシャークが居てくれた。浅瀬に上がり、次はカメ探し・・・。良かった居てくれた。しかも2匹一緒に!

最近はリチリューロックの透明度が悪いかわりに、シミランは綺麗。今クルーズは流れがすくなくどこのポイントも快適!と思っていたら、通常まったりダイビングをするアニタズリーフで勢いよく流れてくれました。スキー場のゲレンデのような美しい真っ白な砂地でハゼを見たりするのが通常ですが、それど頃じゃない。止まれない~。砂地の上を潮は2チームまとめて流してくれました。しかしさらさら砂地の上をドリフトダイビングも楽しい。皆、体の向きをうまく変えながら遊びながらヤッコエイと共にドリフト~!ゲスト皆、水中スキーのようで楽しかった~!とのこと。ダイビングは毎回海のコンディションによって違った楽しみ方ができるものですね。

少ない人数なのに大人数かのような賑やかな船上。水面休息には船まわりにのカメが遊びにきて、スノーケルやら飛び込み大会。夕方4番の島で上陸しても、フリスビー大会。夜は映画を見たり、トランプゲーム大会。いつも国籍関係なく皆が1つになる。だからクルーズって面白くて好きです・・・・。


担当:ETSU
透明度:15m~25m
水温:29℃
船の揺れ具合:★☆☆☆☆

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

出るか?大潮狙いでジンベイ探し・・・3月8日~12日

シミラン 生活 プーケット ダイビング クルーズ


はい、ETSUKOさんと行ってきました4泊5日パリニー号で行くシミランダイブクルーズ。

今回もアメリカ人、スウェーデン人、カナダ人、日本人と相変わらずのインターナショナルなアンダマンダイバーズのクルーズ船です。

アメリカ人ピーター氏を筆頭に外人勢が盛り上げまくる相変わらずの船の上。やはり日本人には絶対にない外人のノリはパワーがあります。

そうそう、今回はジンベイザメを狙いましたが、結局出ませんでした。いつもこの時期にはマンタ君もボン島にいついているころですが出ませんでしたね。これだけは僕達が変えれることはできませんですね・・。

その代わり今回はシミラン諸島そして、リチェリューロックのここ最近悪かった透明度が、戻ってきたのが嬉しかったですね☆

綺麗なサンゴ礁・白い砂地・大きな巨岩群などシミラン諸島の地形と多種多様の魚種を見て、Kさんは感動。僕のチームは、みんなカメラを持っていたので、ゆっくり泳いでフィッシュウォッチングと写真撮影を楽しまれていました。

そして、リチェリューロックが30m以上の透明度があって、グッチャリ魚群がはっきり見えたのが綺麗でしたね。魚の群れも結構来てて出そう出そうのリチェリュー3ダイブ。マンタが水面に出た以外は大物は出ませんでしたが、世界屈指のダイブサイトは、アンダマン海の小物・群れものをしっかり魅せてくれました。

最後にPETER氏「FUCKING GOOD TRIP!!」皆さん最高に楽しまれたクルーズでしたね。

担当:MAKOTO、ETSUKO
透明度:20~30m
水温:28~29℃
波:0~1.5m
船の揺れ具合:★★☆☆☆


シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジンベイサファリ 【パリニー号】 2月6日~10日

久々にボートをチャーターして日本人ゲスト14名を乗せて出航です。絵文字名を入力してください
出るか?引くか?っと題してジンベイサファリクルーズをシミラン諸島で開催です。
毎年潜りに来てくれるTOKさんが今回は11名と大所帯です。そして当店のリピーターさんでもある、中国在住のKさん、そして久々の再開シンガポール在住のTさんなどなど、顔見知りのメンバーで狙うはジンベイ&マンタです。絵文字名を入力してくださいハート

phuket similan シミラン プーケット


ちょっと風があり、心配された海洋状況ですがシミランに到着すると風も弱まり、安定しています。ゆっくりと攻めて行きましょう~かぁ~っとまずはシミラン諸島で癒しダイブです。絵文字名を入力してください
砂地の生物と言えば代表選手はハゼですよね。オーロラゴビーやヒレナガネジリンボウなど、皆で激写していきます。さすが皆さん伊豆に潜っているだけあって、マクロを探す目は超一級品です。絵文字名を入力してください

シミラン クルーズ


ジョーフィシュやアケボノハゼなども簡単に探して、自分達で勝って撮っています。NLアイコン
これならガイドも楽だなぁ~っと思う反面、頑張って何か見つけないと?っと気合いも入ります。
エレファントヘッドロックは透明度も20mオバーあり、ブルー一色です。たくさんのクマザサハナムロやイエローバックフィージラーなどがごちゃごちゃといて、大感激の皆さんです。!

そしてボン島へ北上。
じゃ、まずはマンタからっと狙い通りで優雅に泳いで来ます!
あの優雅に泳ぐのは最高っすね。絵文字名を入力してください

シミラン クルーズ


タチャイ島のメインポイント、ツインピークスはちょっと流れています。
ヘラジカハナヤサイサンゴ上に群れているキンギョハナダイ、インドアカネハナゴイはいつ見ても綺麗だぁ~。
ツバメウオだってちゃんと整列してクリーニングされています。
あの瞳はいつ見ても可愛いですよね。絵文字名を入力してください
そして期待をこめてリチェリューロックへ。ありまと
透明度はちょっと濁っています。出そうで出ないのが何とも言えませんね。
あ~今回も残念、結局ヤツには会えませんでした。
マクロもちゃんと激写して楽しいクルーズでした。
次回のシミランクルーズログでは「ヤツに会えました!」って報告したいですね。


シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人





テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

シミランブルー 【パリニー号】 2月1日~5日

2月1日から久々にパリニー号での4泊5日クルーズです。
まずは予定通りのシミラン諸島ではアニーターズリーフ、エデンの東を潜ってゆっくりと潜っていきます。気になる透明度が20mオバーでとっても綺麗でまさにシミランブルーです。ハッピー
ヤッコエイやがチンアナゴなど真っ白な砂地にいると絵になりますね。あのにょきにょき出ている姿はやっぱり好きですね。

phuket similan シミラン プーケット


そしてエデンの東ではたくさんのキンギョハナダイが群れています。いつ潜っても綺麗だなぁ~って思ってしまいます。

phuket similan プーケット ダイビング


そしてエレファントヘッドロックはちょっと流れていましたが、あの奇妙な岩がたまりませんね。ヤッコ系がたくさん住んでいるのでゆっくりと紹介していきます。ワヌケヤッコ、タテジマキンチャクダイ、ニシキヤッコなど、大型なヤッコは優雅に泳ぎますね。人気のジョーフフィシュやニシキフウライウオもちゃんと確認できてゲストも満足です。RP
そして北上してボン島です。潜降すると?マンタです!あのシミランブルーで見るマンタは最高です!大きなは4mぐらいでサービス精神旺盛でゆっくりと皆の前を泳いでくれます。そしてタチャイ島。流れも無く、海も最高で大当たりです!笑
ツバメウオやバラクーダーなども皆を迎え入れてくれます。この海にずっと潜っていたい!っと思う瞬間でもあります。そしてジンベイを狙いにリチェリューロックへ。
出るか?出るか?っとドキドキしながらのダイブでしたが、残念な事に今回はお預けです。
マクロはちゃんとお決まりのシーホース、ニシキフウライウオ、フリソデエビも見れてゲストも笑顔です。
最後はボン島でまた大きなマンタをじっくりと見て無事に4泊5日シミランから帰って来ました。やっぱりシミランは最高ですね。ハート

シミランクルーズ予約センター


僕は潜り屋プーケット潜水人


テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

パリニー号クルーズログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。